爪を噛む癖

爪を噛む癖がある人がいます。
(わたしもそんなひとりです)

カッコ悪いし不潔な印象を与えるのなんて百も承知です。

でもやめられません。

やめられない理由は心理的なもののようですね。

噛む理由は・・・

爪を噛むと少々痛みを感じます。

この痛みを「快楽である」と脳が理解してしまうのだそうです。

爪を噛む、深爪をして痛みを感じる

脳はそれを和らげようとして快楽物質であるエンドルフィンを分泌する

快楽物質エンドルフィンが分泌されるのでよい気分になる

という循環なのだとか・・・

確かに、わたしは少し痛みを感じるのが苦痛ではありません。
(血がドクドクでるとかはダメですよ、もちろん)

(指のササクレをピッととって血が少しにじんだりするのが苦ではないのです)

単純にストレスです、と片付けられるより納得いきます。

これで少しづつなおっていきました

爪を噛んだときに、「あ、これはニセの快楽物質がでている」と意識するようにしたのです。

快楽物質にまけているぞ、
わたしはもっと楽しいことが他にもあると意識するようにしました。

クセになるように、です。

※ちなみに21日がんばるとクセになるんだそうです

少しづつ治って、
今はたまにネイルが楽しめるほどになりました。

でもたまに

思いっきり爪を噛みたいなあと思うときもあるんですけどね。
ヘンタイですね(苦笑)

Comments are closed.